RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
CATEGORIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

10
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--

車とF1を考える部屋 日記

車とF1に関することで、私が日々考えたり感じたりすることを綴っていきたいと思います。
タイトルは堅いですが、内容は軽く考えています。
突っ込みどころ満載になると思いますが、大目に見てやってください。
大混乱の2009年F1開幕戦
今年のF1は、大幅なレギュレーション変更で、大混乱の開幕戦となりました。
しかも、今回の開幕戦は、レギュレーション変更の内容ではなく、通常のレーシングアクシデントに対する裁定で、大混乱が生じているのです。

当初、ペースカー導入中にトゥルーリがハミルトンを抜いたということで、トゥルーリのレース結果に25秒加算の裁定がなされました。
しかし、実はトゥルーリがコーナーでスライドした為にハミルトンが抜いてしまった為、ハミルトンがスローダウンしてトゥルーリを先に行かせたというのが真相でした。

この最初の裁定の際に、ハミルトンはトゥルーリが自発的に抜いたと証言した為に、このような混乱が生じたようです。
このチャンピオンらしからぬ行動に対して、開幕レース失格の裁定が下されました。


また、終盤にクビサとベッテルが接触したことで、ベッテルのみに、次戦のスターティンググリッド10位後退の罰則がなされます。

これについても、接触時にはベッテルのマシンは縁石をショートカットするほどの状態で、ほとんど並んでコーナーに侵入していたのです。
つまり不可抗力による接触に対しての罰則となっています。

こちらはハミルトンとは逆に、ベッテルが真面目に謝りすぎたことが原因のようですが、こちらも納得できない裁定といえます。

(ただ、このトラブルの後、ベッテルが必要以上にコースに留まろうとした為に、後続のマシンまでスローダウンさせてしまったことに対しては、ペナルティーでも納得なのですけどね)


この開幕戦の混乱には困ったものです。
レギュレーションではなく、普通のレース内容に対する裁定の問題ですから、レース進行中に間違った裁定が行なわれたら、取り返しがつきません。
公平な裁定が行なわれないことには、スポーツではなくなってしまいます。
| F1 | 21:17 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
ETC車載器新規導入助成制度がスタート
ETC車載器新規導入時における初期費用を低減、有料道路通行料金支払い方法のETCへの利用転換を促進するために、ETC車載器新規導入助成の制度が始まりました。

現時点では、募集期間が
平成21年3月12日(木)から平成21年3月31日(火)まで
に制限されますが、期間を延長や追加する予定もあるようです。

また助成の条件として、
各地域の「四輪車ETC車載器新規導入助成取扱店」で新規のETC車載器を購入又はリース契約し、セットアップされた方
四輪車ETC車載器新規導入に係る費用から助成金を割り引いた残額を、2年以上の契約期間かつ2回以上の、分割又はリース契約で支払いされる方、又は助成金を割り引いた後、当該費用に残額がない場合、ETC車載器を2年以上使用して頂ける方
申し込み時にアンケートにお答え頂ける方
という条件もあります。


ETC車載器新規導入に係る費用(税込み)のうち、1台あたり5,250円が助成されます。
金額としては、それほど高額でもありませんが、ETC搭載の予定があれば、上手く活用すべきでしょう。
1回分のガソリン代くらいにはなります。

ETCを搭載していれば、高速道路の通行料金も安くなります。
高速道路を時々利用する人には、かなりお勧めの制度です。


愛車と車検証と印鑑(+お金かキャッシュカードなど?)を持って、ETC車載器新規導入助成取扱店にいけば、手続き可能です。
アンケートと2年間のETC使用が必須ですが、この条件は簡単に満たせるでしょう。

この取扱店は、高速道路交流推進財団のホームページから検索できます。


財団ホームページへの、直リンクを許可する文章が見当たらないので、リンク掲載は控えます。

財団法人高速道路交流推進財団 ETC車載器新規導入助成

で検索してください、すぐに見つかります。
| 交通 | 01:00 | comments(2) | trackbacks(0) | - | - |
2008年、今年のF1の結果
激動の今シーズンのF1も終わりました。
最終戦では、二人の戦いだったものの、去年の三つ巴の争い以上の劇的な幕切れでしたね。

雨に翻弄された最終戦、ベッテルに抜かれたハミルトン、最終ラップの最終コーナーでポジションアップ。
ハミルトンが先に一位でゴールしていたマッサを1ポイント上回ってのチャンピオン獲得。
さすがに最終戦は、進み方から結末まで、まったく予想できませんでした。

チームとしては予想通りフェラーリがチャンピオンを獲得。
しかしマッサ2位、ライコネン3位と、ドライバーではマッサが予想外の活躍で、逆にライコネンが低迷。
マシンのクセによって、マッサに有利なシーズンとなったようです。
ただ、マシンは速かったものの、ミスやトラブルが多く、ドライバーチャンピオンは逃しました。

2位はマクラーレン、順位は予想通りですが、トラブルが比較的少なかったことでハミルトンが予想外のチャンピオン獲得。
シーズン通してマシンに合わなかったコバライネンは、予想に反し7位に沈んでしまいました
予想に反して開発が進み、中盤幾つかのレースではフェラーリを上回る速さも見せていました。

3位はBMW、これは外しました。
クビサが4位、ハイドフェルドが6位とこれも外しました。
シーズン直前のバージョンアップが功を奏し、マクラーレンに迫るシーズンとなりました。

4位はルノー、これも外しましたね。
アロンソが5位、ピケが12位、予想より二つづつ良い結果です。
終盤の2連勝か非常に大きかったですね、さすがアロンソ、チームを引っ張る力があります。

5位はトヨタ、これも外しました。
トゥルーリが9位、グロックが10位と、グロックの予想外の活躍とマシンの順調な開発で中段を確保しましたね。

6位は驚きのトロロッソ、初優勝まで成し遂げました。
ベッテルが8位、ブルデーが17位、と全て外しました。
レッドブルを上回るとは、本当に予想外のシーズンでした。

7位はレッドブル、ウェーバー11位、クルサード16位とまったくの予想外。
せっかくのシャシーをうまく使えませんでした。
クルサードの引退発表が、モチベーション低下の原因だったかもしれません。

8位はウィリアムズ、ロズベルグが13位、一貴が15位と予想に反して低迷。
開発が他チームに対して大きく遅れてしまったのが要因のようです。
今年は他チームの開発ペースが速すぎました。

9位はホンダ、バリチェロが14位、バトンが18位、予想以上に悪いシーズンでした。
さらに今シーズン限りでのF1撤退、最悪のシーズンです。
チームの買収は進んでいるようですが、エンジンすら作らないので名前は消えてしまいます。

10位はフォースインディア、フィジケラ19位、スーティル20位とほぼ予想通り。
やはり開発が進まず、ポイント獲得はなりませんでした。

11位はスーパーアグリ、琢磨が21位、デビッドソンが22位。
悪い意味で予想通りでした。
そして予想外の途中撤退・・・。

今シーズンは、中段グループの浮き沈みがまったく予想できませんでした。
この予想できないという点だけはシーズン前に予想できたのですが、初優勝チームが2チーム出るなど、激動のシーズンだったといえます。

来季はレギュレーションが大きく変わるので、またもや予想できないシーズンとなりそうです。
| F1 | 15:15 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
デミオがワールド・カー・オブ・ザ・イヤー受賞
マツダのデミオ(海外ではマツダ2)がワールド・カー・オブ・ザ・イヤーを受賞しました。

ワールド・カー・オブ・ザ・イヤー(WCOTY)は世界各国の自動車ジャーナリストによって選出される、2004年に設立された比較的新しい賞です。
去年はレクサスLS460が受賞と、日本車が国際的にも評価が高いことがうかかえる受賞と言えます。

特にデミオの場合、燃費や使い勝手の良さなどに対する評価と共に、デザイン面で評価されている点が大きなポイントといえるでしょう。
燃費や使い勝手では、日本にはデミオと同等以上のコンパクトカーが存在します。

しかし、コンパクトカーのデザイン面では、今までヨーロッパ車には及ばない部分があったのも確かなのです。
そのデザインで評価を得たことは、日本のコンパクトカーとして画期的な出来事といえるでしょう。

海外で売られているデミオ(マツダ2)は、3ドアが存在します。
このデザインが日本で売られている5ドアより良いのです。

うねりを伴って流れるデザインを、後のドアが邪魔しない為に、よりスポーティーな、まとまりのあるデザインとなっています。
デミオ3ドア

デミオは受賞記念の特別仕様車が出ていますが、せっかくならデザインの優れた3ドアを日本にも導入して、特別仕様車としてもらいたいと思ってしまいます。
| 車全般 | 23:54 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
2008年、今年のF1予想
今年もF1シーズンの年間成績を予想します。

1位はフェラーリ、去年以上に安定して速いマシンに仕上がっています。
目立った弱点が見当たらない点が高評価の予想になりました。
今年のマシンはライコネンに合っている様なので、ライコネンが1位、マッサが2位でしょうか。

2位はマクラーレン、序盤の速さはフェラーリと同等と思われますが、後半は他チームのECUに対する慣れとマシンの開発凍結部分でマイナスとなりそうです。
チームに対する慣れの差で、3位ハミルトン、4位コバライネンとなりそうです。

このトップ2は、他のチームより進んでいます。

3位はレッドブル、そろそろニューウェイ効果が出てくるはずで、シーズン前に単独テストを行なうほど秘密の開発部分があるようで、そこに期待する部分もあります。
レースに強いクルサードが6位前後、ウェーバーが8位前後といったところでしょう。

4位はウィリアムズ、チームが安定してきたので、開発も進むようになりました。
ロズベルグが速さを活かして5位前後、中嶋は学びながらのシーズンなので11位前後位でしょうか。

5位がBMW、冒険してきたマシンの開発次第で成績が上下しそうです。
開発が上手くいけば3位浮上の可能性もあります。
成長著しいクビサが8位前後、このマシンに合っていないハイドフェルドが10位前後かな。

6位はルノー、マシンに速さが感じられないので、シーズン中の開発次第で成績が決まります。
それでもアロンソは7位前後とトップテンには入るでしょう。
ピケは14位くらいでしょうか。

7位はトヨタ、速さはありそうですがタイムの不安定さが気になります。
ドライバーの力量でも他のチームには及ばない点もマイナスです。
トゥルーリが予選の速さを活かして12位前後、久しぶりのグロックが18位前後でしょうか。

3位から7位までは混戦模様です。
マシン開発とドライバーの成長次第で簡単に順位が入れ替わりそうなくらいの接戦といえるでしょう。

8位はホンダ、テストタイムを見ると、もう少し下の予想になってしまう位悪い状態ですが、秘密の単独テストとシーズン中の開発に期待でしょう。
後半には上位グループに割って入って欲しいものです。
バトンが荒れたレースを確実に物にして13位前後、バリチェロが後半の開発に期待して15位前後でしょうか。

9位はトロロッソ、レッドブルのシャーシが使えれば一気に上位グループに入ってきそうです。
速いベッテルが16位前後、未知数のブルデーが20位くらいでしょうか。

10位はフォースインディア、なかなかいいマシンを作ったようですが、開発やセッティングなどの面では弱い部分がありそうです。
実力の高いフィジケラ、速さのスーティル共に18位前後でしょう。

8位争いはこの3チームでしょうか。
3位グループとのタイム差も小さいので、下位チームが一気に上昇するチャンスがあるシーズンともいえるでしょう。

11位はスーパーアグリ、参戦初年度のようなテスト無しでの参戦なので、かなり厳しいシーズンとなりそうです。
マシン的にも本家のホンダの調子が悪いので、タイムアップがあまり期待できません。
琢磨とデビッドソンの21位争いでしょう。

今年はトップ2チーム以外のチームの順位が予想しにくい、混戦となりそうなシーズンです。
3位以下のチームのタイム差が少ないので、トップの脱落で、どのチームが表彰台に入ってきても不思議ではない状態といえます。
トラクションコントロールが無くなって、ドライバー同士の争いも多くなりそうなので、今期は接戦のレースが期待できそうです。
| F1 | 21:54 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |