RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
CATEGORIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

07
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--

車とF1を考える部屋 日記

車とF1に関することで、私が日々考えたり感じたりすることを綴っていきたいと思います。
タイトルは堅いですが、内容は軽く考えています。
突っ込みどころ満載になると思いますが、大目に見てやってください。
ETC車載器新規導入助成制度がスタート
ETC車載器新規導入時における初期費用を低減、有料道路通行料金支払い方法のETCへの利用転換を促進するために、ETC車載器新規導入助成の制度が始まりました。

現時点では、募集期間が
平成21年3月12日(木)から平成21年3月31日(火)まで
に制限されますが、期間を延長や追加する予定もあるようです。

また助成の条件として、
各地域の「四輪車ETC車載器新規導入助成取扱店」で新規のETC車載器を購入又はリース契約し、セットアップされた方
四輪車ETC車載器新規導入に係る費用から助成金を割り引いた残額を、2年以上の契約期間かつ2回以上の、分割又はリース契約で支払いされる方、又は助成金を割り引いた後、当該費用に残額がない場合、ETC車載器を2年以上使用して頂ける方
申し込み時にアンケートにお答え頂ける方
という条件もあります。


ETC車載器新規導入に係る費用(税込み)のうち、1台あたり5,250円が助成されます。
金額としては、それほど高額でもありませんが、ETC搭載の予定があれば、上手く活用すべきでしょう。
1回分のガソリン代くらいにはなります。

ETCを搭載していれば、高速道路の通行料金も安くなります。
高速道路を時々利用する人には、かなりお勧めの制度です。


愛車と車検証と印鑑(+お金かキャッシュカードなど?)を持って、ETC車載器新規導入助成取扱店にいけば、手続き可能です。
アンケートと2年間のETC使用が必須ですが、この条件は簡単に満たせるでしょう。

この取扱店は、高速道路交流推進財団のホームページから検索できます。


財団ホームページへの、直リンクを許可する文章が見当たらないので、リンク掲載は控えます。

財団法人高速道路交流推進財団 ETC車載器新規導入助成

で検索してください、すぐに見つかります。
| 交通 | 01:00 | comments(2) | trackbacks(0) | - | - |
飲酒運転とひき逃げの関係
最近、飲酒運転による事故がよくニュースに出ています。
確かに、飲酒運転による事故は悲惨な結果をもたらす場合が多く、許されることでは有りません。

ですが、始めの頃ニュースとして話題になった時は、飲酒運転していて事故を起こしたとき、一旦逃げてアルコールが抜けた状態で出頭した方が、刑が全然軽くなることが問題だったはずです。

事故を起こす可能性は、飲酒時に限らず車を運転する限り、必ず付いて回るものです。
ですから、自動車教習所では事故時の応急処置が、教習の項目に入っているのですが、事故を起こしたときに、この応急処置や通報をしなかったということに対する罰というものが、ほとんどないことが一番の問題ではないでしょうか。

事故の際、通報が早かったり、適切な応急処置を行なえば、死亡事故はかなり減少するのではないでしょうか。
それをほって置く事は、故意の殺人にも等しいことではないでしょうか。

このことは、数年前の飲酒運転の罰則が厳しくなった直後にも言われていたことですし、ネットでも飲酒で事故を起こしたら脱げるべしという記載が多数あることからしても、警察は状況を把握していたはずです。

なのに、今まで何もせず、今、ニュースで話題になったから飲酒運転に絞って取り締まりを強化するということに留まっています。
それよりも、事故を起こして逃げることに対する罰則強化を法改正することを強くアピールするべきではないでしょうか。
| 交通 | 00:29 | comments(9) | trackbacks(28) | - | - |
道路つくりの疑問点
夏になると、街路樹で先が見えにくくなって困りますね。
場所によってはワザと成長が早い街路樹を植えてあるんじゃないかと感じてしまうほどです。

特に夕方のカーブミラーが見えにくい時間帯は危険を感じることすらあります。
道路交通の安全の為に信号は増設しても、視界を遮る街路樹は切ろうとしないんですね。

ヨーロッパなどでは、交差点付近の道の作りや街路樹の配置を見直すことで事故を減らそうとする研究と実践が進んでいるようです。
信号を増やす事と同等以上に道路の作り方で交通事故を減らせるのであれば信号機を作るより、はるかにエコロジカルで低コストになります。

信号や街路樹の維持費が少なくなれば、その分を道路の改修に使ったり、ガソリンの税金を減らすことも出来るのではないでしょうか。

安全の為に、追加に追加を重ねると、それこそ道路が信号機に埋め尽くされるだけで、結果的にドライバーのイライラが募り、事故にもつながりやすいような気がします。

シンプルで見やすい交差点を作れば、信号機を半減できると思うのは私だけ?
| 交通 | 01:04 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
駐車違反について
駐車違反取り締まりの民間委託が始まりました。 
機器のトラブルや駐車監視員の作業の遅さが問題になっていますが、これは徐々に慣れていくものですから大きな問題ではないですね。

1日の改正道路交通法施行で、郵便小包の集配車が駐車規制の対象外になっているのに宅配便は対象になっていることには納得出来ません。
宅配便業者からは批判の声が上がっているようです。

郵政を民営化しようという動きの中で、同等の配達業務を行っている宅配業者いじめにも見えます。
それに加えて、天下り先を確保したことで行政としては一石二鳥。

それにしても、事前に法規の内容を公表して意見を求めるということはされたのでしょうか。
施行した直後に批判される法規というのも、考えものではないでしょうか。
| 交通 | 23:58 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |