RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
CATEGORIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

01
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--

車とF1を考える部屋 日記

車とF1に関することで、私が日々考えたり感じたりすることを綴っていきたいと思います。
タイトルは堅いですが、内容は軽く考えています。
突っ込みどころ満載になると思いますが、大目に見てやってください。
<< デミオがワールド・カー・オブ・ザ・イヤー受賞 | main | ETC車載器新規導入助成制度がスタート >>
2008年、今年のF1の結果
激動の今シーズンのF1も終わりました。
最終戦では、二人の戦いだったものの、去年の三つ巴の争い以上の劇的な幕切れでしたね。

雨に翻弄された最終戦、ベッテルに抜かれたハミルトン、最終ラップの最終コーナーでポジションアップ。
ハミルトンが先に一位でゴールしていたマッサを1ポイント上回ってのチャンピオン獲得。
さすがに最終戦は、進み方から結末まで、まったく予想できませんでした。

チームとしては予想通りフェラーリがチャンピオンを獲得。
しかしマッサ2位、ライコネン3位と、ドライバーではマッサが予想外の活躍で、逆にライコネンが低迷。
マシンのクセによって、マッサに有利なシーズンとなったようです。
ただ、マシンは速かったものの、ミスやトラブルが多く、ドライバーチャンピオンは逃しました。

2位はマクラーレン、順位は予想通りですが、トラブルが比較的少なかったことでハミルトンが予想外のチャンピオン獲得。
シーズン通してマシンに合わなかったコバライネンは、予想に反し7位に沈んでしまいました
予想に反して開発が進み、中盤幾つかのレースではフェラーリを上回る速さも見せていました。

3位はBMW、これは外しました。
クビサが4位、ハイドフェルドが6位とこれも外しました。
シーズン直前のバージョンアップが功を奏し、マクラーレンに迫るシーズンとなりました。

4位はルノー、これも外しましたね。
アロンソが5位、ピケが12位、予想より二つづつ良い結果です。
終盤の2連勝か非常に大きかったですね、さすがアロンソ、チームを引っ張る力があります。

5位はトヨタ、これも外しました。
トゥルーリが9位、グロックが10位と、グロックの予想外の活躍とマシンの順調な開発で中段を確保しましたね。

6位は驚きのトロロッソ、初優勝まで成し遂げました。
ベッテルが8位、ブルデーが17位、と全て外しました。
レッドブルを上回るとは、本当に予想外のシーズンでした。

7位はレッドブル、ウェーバー11位、クルサード16位とまったくの予想外。
せっかくのシャシーをうまく使えませんでした。
クルサードの引退発表が、モチベーション低下の原因だったかもしれません。

8位はウィリアムズ、ロズベルグが13位、一貴が15位と予想に反して低迷。
開発が他チームに対して大きく遅れてしまったのが要因のようです。
今年は他チームの開発ペースが速すぎました。

9位はホンダ、バリチェロが14位、バトンが18位、予想以上に悪いシーズンでした。
さらに今シーズン限りでのF1撤退、最悪のシーズンです。
チームの買収は進んでいるようですが、エンジンすら作らないので名前は消えてしまいます。

10位はフォースインディア、フィジケラ19位、スーティル20位とほぼ予想通り。
やはり開発が進まず、ポイント獲得はなりませんでした。

11位はスーパーアグリ、琢磨が21位、デビッドソンが22位。
悪い意味で予想通りでした。
そして予想外の途中撤退・・・。

今シーズンは、中段グループの浮き沈みがまったく予想できませんでした。
この予想できないという点だけはシーズン前に予想できたのですが、初優勝チームが2チーム出るなど、激動のシーズンだったといえます。

来季はレギュレーションが大きく変わるので、またもや予想できないシーズンとなりそうです。
| F1 | 15:15 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |









http://blog.kurumafc.com/trackback/1286446