RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
CATEGORIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

10
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--

車とF1を考える部屋 日記

車とF1に関することで、私が日々考えたり感じたりすることを綴っていきたいと思います。
タイトルは堅いですが、内容は軽く考えています。
突っ込みどころ満載になると思いますが、大目に見てやってください。
<< F1ドライバーの趣味 | main | F1次戦はモナコグランプリ >>
ニッサン ノートvsマツダ ベリーサ
日本の高級コンパクトカーの2台 ニッサン ノートとマツダ ベリーサを比較してみます。

外見では、ノートは前方から見ると、ちょっとセダン風、しかしリアに回ると、サイドのワイパーが拭いた後のような形の窓に、屋根まで回り込んだテールランプが目を引きます。
タイヤ廻りを軽く膨らませたりして、色々な要素が多すぎて全体としてのまとまり感は今ひとつですが、高級感の演出としては、結構出ているような印象があります。
ベリーサは、フロントの地味さにかわいさが少し混ざったようなデザインやサイドのRVらしさを感じるタイヤ廻りのふくらみ、ごく普通にまとめられたリア部分と、個別に見ていくと一見ばらばらなようです。
しかし、全体を見るとちょっと地味さすら感じさせる落ち着いた外観にまとめていますが、地味さゆえに高級感という部分を感じにくいのが残念なデザインともいえます。

内装では、ノートはインパネ廻りはマーチに似ていますが、より直線的に作って大人を演出しようとしています。
センター部分がマーチのボタン類と同じなのでちょっと軽く見えますが、全体の色やまとめ方はしっかりしていて、高級感を演出しようとしています。
ベリーサはインパネ廻りはRV的な作りを採用しています。
直線を基調に適度に大きいボタン類をバランスよく配置して、かなり高級感が出ているのではないでしょうか。
各要素をしっかり作ることで高級感を出すことに成功しているようです。

両車ともボディーサイズはほぼ同じですが、ホイールベースはノートが110mm長く内部空間を広げようとしたことがわかります。

エンジンを見てみると面白い傾向が見られます。
両車ともほとんどスクエアのエンジンはボアストロークがまったく同じで排気量も同じ。
シリンダーが同じなのに、トルク重視のノートとパワー重視のベリーサという傾向が出ています。
実用的な速さを重視するニッサンとスポーティーさを追及するマツダという各メーカーの考え方の違いが、このあたりに伺えるところが面白いですね。
ミッションはノートのCVT対ベリーサのトルコンと分かれましたが、マツダはCVTを持っていないので仕方の無いところでしょう。
両車はエンジンの傾向が違うだけで性能はほとんど同等です。

どちらも上手く高級感を演出していますが、かなり方向性が違います。
ノートは新しさに高級感を求めて全体をまとめたようです。
対してベリーサはRVのしっかり感をデザインに取り入れ、スタンダードな高級感を演出したようです。
性能面でも、両車拮抗していますが、ベリーサが少しスポーティー方向に振っている感じです。

スペックの比較はホこちらを参照ください。
| 車全般 | 23:39 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |









http://blog.kurumafc.com/trackback/224408