RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
CATEGORIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

08
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--

車とF1を考える部屋 日記

車とF1に関することで、私が日々考えたり感じたりすることを綴っていきたいと思います。
タイトルは堅いですが、内容は軽く考えています。
突っ込みどころ満載になると思いますが、大目に見てやってください。
<< もうすぐカナダグランプリ | main | リコールについて >>
ニッサン キューブ vs トヨタ bB
日本のスタイリッシュ コンパクトカーの2台 ニッサン キューブ vs トヨタ bB を比較します。
どんな違いが見られるか、早速比べていきましょう。

デザイン面
キューブはホントに四角の2BOXで角だけを丸めたデザインです。
フロントグリルからサイドにかけてはレトロチックな要素を上手く今風に再生しています。
サイドからリアに回りこんで、フレームを片側だけ隠した窓などは見事なデザインですね。
横開きのリアドアは使い勝手以上に全体のデザインにマッチしています。
全体的にレトロな要素(角型である全体の形もそうですね)を今風に上手く処理して、オリジナルな窓を強調しつつバランスよくまとめた、いいデザインです。

bBは、ちょっと派手過ぎる感もあるくらい とんがっています。
全体の形はフラットに近い屋根で側面の窓の下端もほぼ水平と水平線を強調していますが、押し出し感の強いバンパーからフロントグリルの迫力で、ホイール廻りはなだらかに膨らませてRV的な力強さがあまり目立たないほどの個性を強調しています。
リアは、跳ね上がって勢いを強調しているコンビランプで勢いと切れを強調しています。
全体的に、活きの良さと迫力でまとめています。

内装と操作系
キューブのシートは、結構しっかりしているようです。
インパネ廻りは外見同様四角型が基本で角を丸めています。
一見、昔の地味なRV風にも見えますが、角を丸めて丸型の操作部分を組み合わせているので、少し柔らかさも感じるデザインでとなっています。
メーターや操作部分はコンパクトにまとめて配置されているので操作しやすそうで、基本的にはボーイッシュなデザインですが、明るい方の内装なら性別を選ばない感じになります。
外見よりも内装の方がレトロな感じが少し強調されていますね。
bBのシートは、ベンチシートです。
内装のインパネ廻りはセンターメーターでイルミネーションが多く、かなり派手です。
デザインは弓形の流れの中に丸い要素をはめ込んでいて、少し未来も感じさせるクールなデザインです。
全体としては、派手なイルミネーションで、DJ風の派手さという狙いそのままの内装となっています。

メカニズム面
最小回転半径は、キューブが4.4mとかなり小さく、bBは4.9mと普通ですから、比較するとキューブはかなり小回りが利くようです。
燃費はCVTのキューブがトルコンのbBより12パーセントも良く、CVTの有利さを感じるところです。
エンジンを見てみると、キューブは、ほとんどスクエアストローク、最大出力80KWは6,000rpm、最大トルク148Nmは4,400rpmとこのクラスではトルクが良く出ているエンジンといえますね。
bBは、かなりのロングストロークで、最大出力80KWは6,000rpm、最大トルク1431mは4,400rpmとごく普通のエンジンです。
エンジンでは、キューブのトルクが良くさらにCVTですから、加速ではbBよりキューブが一歩リードといったところです。
ガソリン容量はキューブの45Lに対してbBが40Lと、燃費が良くガソリンも多く積めるキューブが航続距離でも一歩リード、しかし、こちらの差は大して気にならないですね。
タイヤがキューブが175/60 R15で、bBが185/55 R15。
bBが気持ち大きく、長いホイールベースと、差が少ないながらもトレッドの広さと低い高さを合わせて考えると、bBのほうがキューブより安定性で一歩リードしています。
メカニズム面では、キューブが小回りが利いて加速が良く、bBが安定性が良いといえるようです。
走りに関しては元気で小回りが利くキューブ、安定性を重視しているbBと分かれました。

総評
レトロの要素を現代風にアレンジした上に、新しさを加えて見事なデザインを作り出したキューブと活きの良さと迫力のあるデザインを強調したbBと言う、デザイン的に個性の強い比較となりました。
どちらが良いですかと言うより、どちらが好きですか、という感性の部分で選ぶべきクルマですね。
ポップなキューブに、ラップやヒップポップを強く意識したbBとはっきり分かれていますから。

性能面では、どちらも現代のクルマとしては標準的ですが、全体としては気持ちキューブがリードしているようです。
キューブが活きの良い走り、bBが普通の走りという性格の違いで選んでも良いでしょう。

全体では、キューブはポップなデザインと元気な走りを強調しているのに対し、bBは走りよりヒップホップを楽しむことを追求しているようです。
| 車全般 | 01:16 | comments(1) | trackbacks(0) | - | - |
管理者の承認待ちコメントです。
| - | 2014/07/13 6:19 AM |










http://blog.kurumafc.com/trackback/321529