RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
CATEGORIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

08
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--

車とF1を考える部屋 日記

車とF1に関することで、私が日々考えたり感じたりすることを綴っていきたいと思います。
タイトルは堅いですが、内容は軽く考えています。
突っ込みどころ満載になると思いますが、大目に見てやってください。
<< 第3期ホンダ&バトン初優勝 | main | クロスポロの存在意義は >>
道路つくりの疑問点
夏になると、街路樹で先が見えにくくなって困りますね。
場所によってはワザと成長が早い街路樹を植えてあるんじゃないかと感じてしまうほどです。

特に夕方のカーブミラーが見えにくい時間帯は危険を感じることすらあります。
道路交通の安全の為に信号は増設しても、視界を遮る街路樹は切ろうとしないんですね。

ヨーロッパなどでは、交差点付近の道の作りや街路樹の配置を見直すことで事故を減らそうとする研究と実践が進んでいるようです。
信号を増やす事と同等以上に道路の作り方で交通事故を減らせるのであれば信号機を作るより、はるかにエコロジカルで低コストになります。

信号や街路樹の維持費が少なくなれば、その分を道路の改修に使ったり、ガソリンの税金を減らすことも出来るのではないでしょうか。

安全の為に、追加に追加を重ねると、それこそ道路が信号機に埋め尽くされるだけで、結果的にドライバーのイライラが募り、事故にもつながりやすいような気がします。

シンプルで見やすい交差点を作れば、信号機を半減できると思うのは私だけ?
| 交通 | 01:04 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |









http://blog.kurumafc.com/trackback/371658