RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
CATEGORIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

10
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--

車とF1を考える部屋 日記

車とF1に関することで、私が日々考えたり感じたりすることを綴っていきたいと思います。
タイトルは堅いですが、内容は軽く考えています。
突っ込みどころ満載になると思いますが、大目に見てやってください。
<< 最近の車のトレンドは? | main | エコロジーカーの現実を考える >>
2007年、今年のF1予想
今年もF1の年間成績の予想をしてみたいと思います。

1位はフェラーリ、序盤の有利さとマシンの出来が良い点、ドライバーが二人ともレベルが高いのでコンスタントに成績を残せそうです。
チーム体制が一新したので、勢いはありそうですが、方向性を見失うと失速する可能性がある点が唯一の弱点とも言えそうです。
序盤はマッサ有利ですが、後半はライコネン有利と見て、ライコネン1位、マッサ3位。(ライコネン媚びでしょうか、ファンなのでついつい・・・)

2位はマクラーレンで、マシンの速さはフェラーリと同等ですが、信頼性に若干の不安が残っています。
アロンソ加入でチームにまとまりが生まれている点が強みです。
アロンソは持ち前の安定した速さで2位、ハミルトンは実力が読めないのですが10位前後がいいところでしょう。

今年はこの2チームでトップを争いそうです。


3位はBMW、トラブルが多い点が気になりますが、速さはトップレベルに迫っていますし、ハイドフェルドの安定感とクビサの速さで、ポイントはコンスタントに取れそうです。
安定して速いハイドフェルドと速いがちょっと安定感に欠けるクビサは共に6位前後でしょう。

4位はルノー、マシンは去年の後半同様、信頼性はあるようですが、速さはトップには及ばないようです。
フィジケラとコバライネンのコンビは、ポイントは取れそうですがトップドライバーとは差があります。
それでもフィジケラは意地を見せて4位、コバライネンは10位前後でしょうか。

この2チームが3位を争いそうです。


5位はホンダ、テストタイム自体は悪かったのですが、パーツの開発でタイムの上がりがいいようなので後半の巻き返しに期待です。
バトンとバリチェロのコンビは、レベルは高いのですがトップチームの新人に対してどれだけ戦えるかがポイントでしょう。
バトンは5位、バリチェロ8位前後。

6位はトヨタ、こちらのテストタイムが振るわないもののシーズン途中登場予定のBマシンに期待です。
しかし、シーズン中にニューマシンを出すより、既存のマシンを改良した方がセッティングなどに一貫性が生まれると思うのですが。
ラルフとトゥルーリは、今では中堅ドライバーになってしまいました。
共に12位前後を争いそうです。

7位はレッドブル、ニューウェイ期待のニューマシンはそれほど速さを見せていない点と予想通り信頼性に欠ける部分がマイナス要因です。
タイムアップはニューウェイのアイデアをどれだけ実現出来るかに懸かっているようです。
クルサードとウェーバーは、共に安定感があるのでマシン開発には有利ですが、成績では他チームより若干弱いでしょうか。
共に14位前後、ホンダ、トヨタとの絡みがポイントかもしれません。

8位はウィリアムズ、元々実力はあるチームなのでトヨタとのつながりが成績上昇の
きっかけになりそうなのです。
しかし、チーム成績としてはセカンドドライバーのブルツがネックです。
3年前ならロズベルグに負けない成績を残せたかもしれませんが、テストドライバー期間が長すぎました。
ロズベルグは9位前後、ブルツは17位前後でしょうか。

この4チームが5位を争いそうですが、きっかけ一つで3位争いに加わる可能性もあります。


9位はスーパーアグリ、ポイントはマシン開発が進むか否かでしょう。
基本がホンダの去年のマシンですから、タイヤに合わせる変更がどこまで可能なのか、今年のトレンドをどれだけ取り込むことが出来るかが成績に強く影響を与えそうです。
ドライバーは下位チームとしては良いドライバーをそろえたようで、琢磨は16位前後、デビッドソンは20位前後でしょうか。

10位はトロロッソ、実質レッドブルの今年のマシンでエンジンが違うだけなので、本家の開発如何ではもっと上位を狙えます。
ドライバーは去年と同じリウッツィとスピード、共に18位前後でしょうか。

この2チームが9位を争いそうですが、共にシャシーの使用について異議が出ている点が気になります。
去年型を使用しなければならなくなったら即11位落ちです。


11位はスパイカー、マシン自体の出来は去年より良いようですが、他チームの進化にはついていけないようです。
サードドライバーを多数起用することでスポンサーマネーを確保している状況では大きな改善は望めそうになりません。
そのドライバーもアルバースは安定しているものの速さは感じません。
スティールがダイヤモンドの原石だったら10位に食い込めるかもしれません。
アルバースとスティールは共に21位争いでしょう。


長くなりましたが、今年のシーズンはチーム、ドライバーとも変化が大きく、予想が困難です。
チームやドライバーのきっかけ一つで順位が変動しそうなので、変化の大きな面白いシーズンになりそうです。
| F1 | 18:35 | comments(0) | trackbacks(2) | - | - |









http://blog.kurumafc.com/trackback/525352
2007 F1 開幕しました。  【しんやの日記】
しんやです。2007 フォーミュラ1が3月16日開幕しました。開幕第1戦はオーストラリアGPです。目玉はなんと言ってもあの中嶋悟のジュニアがウィリアムズのテストドライバーとしてフリー走行を走ることだ!今年のF1はおもしろい。ジュニアドライバーが親の七光りに...
| しんやの日記 | 2007/03/18 12:58 AM |
F1次回はマレーシアで!
オーストラリアGP - 決勝 フェラーリのライコネンが優勝! アロンソ2位、琢磨12位 http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070318-00000012-fliv-moto F1決勝が行われました。 2007年F1世界選手権第1戦オーストラリアGP決勝が18日(日)日本時間12時、現地時間
| Yahoo!ニュースをこんな視点で | 2007/03/18 5:31 PM |