RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
CATEGORIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

06
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
--
>>
<<
--

車とF1を考える部屋 日記

車とF1に関することで、私が日々考えたり感じたりすることを綴っていきたいと思います。
タイトルは堅いですが、内容は軽く考えています。
突っ込みどころ満載になると思いますが、大目に見てやってください。
<< 燃費向上のトレンドは | main | 2007年、今年のF1の結果 パート2 >>
2007年、今年のF1の結果 パート1
今年もF1シーズンが終わりました。
最終戦まで三つ巴の状態が続くという、ものすごい接戦の上に、劇的な幕切れでした。

結果、チャンピオンシップはフェラーリのライコネンに決定。
フェラーリはマクラーレンのチャンピオンシップからの除外の裁定から、コンストラクターズチャンピオンも決めていたので、ダブルタイトル獲得。
チームメイトのマッサは4位、調子に波があった点がライコネンとのポイントの差となりました。
予想はマッサの順位以外は当り、サイトでの優勝予想は散々でしたが、ここの予想は大当たりでした。

2位のチームはBMWで、ハイドフェルトが5位、クビサが6位。
マクラーレンの脱落で、チームの順位は外しましたが、ドライバーの順位は予想通り。
やはり、シーズン前の速さを発揮して、時にトップに迫る速さを見せましたね。
それでも優勝が無かったのは、フェラーリとマクラーレンの異常ともいえるほどの安定した速さの為でしょう。

3位はルノー、BMWの下というのは予想通りでした。
しかしドライバーとしては、フィジケラ8位、コバライネン7位と大はずれ。
フィジケラの遅さは予想外で、コバライネンは初年度にしては予想以上に上出来でした。
いずれにしても、マシンの遅さは去年のチャンピオンチームとは思えないほどで、シーズン途中からは来季の為に今年の開発がストップするほど悲惨な状態でした。

4位はウィリアムズ、ロズベルグ9位でブルツが11位。
ロズベルグの順位だけは当りですが、他は予想外に良い成績でした。
ブルツがしぶとい走りでポイントを取れたのが好結果につながったようです。

5位はレッドブル、クルサード10位でウェーバー12位と、いずれも予想より良かったですね。
特に中盤以降のタイムアップが目に付き、トラブルさえなければ3位も狙えたほどの速さを見せてくれました。

6位はトヨタ、トゥルーリ13位、ラルフが16位。
トヨタの6位は予想通りですが、ドライバーは今ひとつの結果でした。
実質7位なので、ちょっとはずれという感じでしょうか。

7位がトロロッソ、途中加入のベッテルが14位で、レギュラードライバーで18位のリウッツィを上回るという脅威の成績を残しました。
ベッテルの成績が予想を外した全ての原因とも言えそうですが、後半レッドブルと一緒にタイムアップしてきた点も大きかったようです。

8位はホンダ、バトンが15位で、バリチェロがノーポイント。
今年は散々な結果でした。
シーズン前のタイムの悪さを改善できず、開発の要 風洞のデータの読み違えなど、信じられない状況でシーズンを終えました。

| F1 | 00:10 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |









http://blog.kurumafc.com/trackback/885219