RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
CATEGORIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

10
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--

車とF1を考える部屋 日記

車とF1に関することで、私が日々考えたり感じたりすることを綴っていきたいと思います。
タイトルは堅いですが、内容は軽く考えています。
突っ込みどころ満載になると思いますが、大目に見てやってください。
<< デミオがRJCカー・オブ・ザ・イヤー獲得 | main | 2008年、今年のF1予想 >>
フィットが日本カーオブザイヤーに輝く
日本カーオブザイヤー2007-2008に、ホンダのフィットが選ばれました。
初代のフィットも選ばれていますから、連続授賞の快挙です。

フィットはロングセラーの状態でも、新しくなったヴィッツに負けないセールスを維持していました。
そこでのモデルチェンジなので、日本のコンパクトカーとしては飛びぬけたレベルの高さでまとまっている点も納得できます。

デザインがより洗練され、内部空間も質が高くなりましたが、大きなポイントは、ベーシックグレードがコンパクトカー最高の燃費を記録していることとシングルカムでツインカム同等以上の性能を発揮しているエンジンの良さです。

RJCカー・オブ・ザ・イヤー獲得のデミオは、こちらでは5位と今ひとつでした。
こちらは良くも悪くも個性が強すぎたとも言えそうです。

この二つの賞の特徴を考えると、日本カーオブザイヤーは、人気投票によるので審査員全員から満遍なくポイントを獲得する方が有利で、万人向けのクルマが選ばれる傾向があります。
対して、RJCカーオブザイヤーは、コンペの審査のような会合を含めて選ぶので、特徴があるクルマが選ばれやすく、趣味性が強いクルマが授賞しやすい傾向があります。

これを授賞したクルマに当てはめると、デミオが趣味性の強いデザインながら万人受けは今ひとつ、フィットは正常進化で無難なモデルチェンジながら、全体的にレベルが上がっているというクルマの特徴まで見えてきます。

省燃費・安全性・適度に広い空間・デザインに妥協しないで済む大きさ というような、今日のクルマ選びで重視されるポイントをバランス良くまとめることが出来るサイズがコンパクトカーだといえるようです。
| 車全般 | 22:29 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |









http://blog.kurumafc.com/trackback/892142