RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
CATEGORIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

07
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--

車とF1を考える部屋 日記

車とF1に関することで、私が日々考えたり感じたりすることを綴っていきたいと思います。
タイトルは堅いですが、内容は軽く考えています。
突っ込みどころ満載になると思いますが、大目に見てやってください。
<< フィットが日本カーオブザイヤーに輝く | main | デミオがワールド・カー・オブ・ザ・イヤー受賞 >>
2008年、今年のF1予想
今年もF1シーズンの年間成績を予想します。

1位はフェラーリ、去年以上に安定して速いマシンに仕上がっています。
目立った弱点が見当たらない点が高評価の予想になりました。
今年のマシンはライコネンに合っている様なので、ライコネンが1位、マッサが2位でしょうか。

2位はマクラーレン、序盤の速さはフェラーリと同等と思われますが、後半は他チームのECUに対する慣れとマシンの開発凍結部分でマイナスとなりそうです。
チームに対する慣れの差で、3位ハミルトン、4位コバライネンとなりそうです。

このトップ2は、他のチームより進んでいます。

3位はレッドブル、そろそろニューウェイ効果が出てくるはずで、シーズン前に単独テストを行なうほど秘密の開発部分があるようで、そこに期待する部分もあります。
レースに強いクルサードが6位前後、ウェーバーが8位前後といったところでしょう。

4位はウィリアムズ、チームが安定してきたので、開発も進むようになりました。
ロズベルグが速さを活かして5位前後、中嶋は学びながらのシーズンなので11位前後位でしょうか。

5位がBMW、冒険してきたマシンの開発次第で成績が上下しそうです。
開発が上手くいけば3位浮上の可能性もあります。
成長著しいクビサが8位前後、このマシンに合っていないハイドフェルドが10位前後かな。

6位はルノー、マシンに速さが感じられないので、シーズン中の開発次第で成績が決まります。
それでもアロンソは7位前後とトップテンには入るでしょう。
ピケは14位くらいでしょうか。

7位はトヨタ、速さはありそうですがタイムの不安定さが気になります。
ドライバーの力量でも他のチームには及ばない点もマイナスです。
トゥルーリが予選の速さを活かして12位前後、久しぶりのグロックが18位前後でしょうか。

3位から7位までは混戦模様です。
マシン開発とドライバーの成長次第で簡単に順位が入れ替わりそうなくらいの接戦といえるでしょう。

8位はホンダ、テストタイムを見ると、もう少し下の予想になってしまう位悪い状態ですが、秘密の単独テストとシーズン中の開発に期待でしょう。
後半には上位グループに割って入って欲しいものです。
バトンが荒れたレースを確実に物にして13位前後、バリチェロが後半の開発に期待して15位前後でしょうか。

9位はトロロッソ、レッドブルのシャーシが使えれば一気に上位グループに入ってきそうです。
速いベッテルが16位前後、未知数のブルデーが20位くらいでしょうか。

10位はフォースインディア、なかなかいいマシンを作ったようですが、開発やセッティングなどの面では弱い部分がありそうです。
実力の高いフィジケラ、速さのスーティル共に18位前後でしょう。

8位争いはこの3チームでしょうか。
3位グループとのタイム差も小さいので、下位チームが一気に上昇するチャンスがあるシーズンともいえるでしょう。

11位はスーパーアグリ、参戦初年度のようなテスト無しでの参戦なので、かなり厳しいシーズンとなりそうです。
マシン的にも本家のホンダの調子が悪いので、タイムアップがあまり期待できません。
琢磨とデビッドソンの21位争いでしょう。

今年はトップ2チーム以外のチームの順位が予想しにくい、混戦となりそうなシーズンです。
3位以下のチームのタイム差が少ないので、トップの脱落で、どのチームが表彰台に入ってきても不思議ではない状態といえます。
トラクションコントロールが無くなって、ドライバー同士の争いも多くなりそうなので、今期は接戦のレースが期待できそうです。
| F1 | 21:54 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |









http://blog.kurumafc.com/trackback/969999